ソイプロテインはおいしい?筋トレ初心者がソイプロテインを飲んだ感想と体の変化

未分類

ホエイプロテインを飲んでいたけど、体質的にソイプロテインの方が良さそう
ソイプロテインでも筋肉ってつくの?
ソイプロテインって美味しいの?

など、ソイプロテインを取り入れてみようと思ったものの、味や成分で悩んでいる人もいるはず。

ソイプロテインってどちらかというと、ダイエットをする女性にあっているイメージ。筋トレをしている男性は取り入れ辛いですよね。

ですが、ソイプロテインも立派なプロテイン。必要に応じて取り入れていいんです!

僕も、もともとはホエイプロテインを飲んでいたのですが、乳糖不耐症だったのか、肌荒れがひどくなり思い切ってソイプロテインに変えた時期があります。

この記事では、筋トレをしている男性がソイプロテインを飲んだ感想をお伝えします。

【プロフィール】
名前:のり
2年以上にわたり筋トレとプロテインの摂取を継続。体脂肪率は19%→10%。
1日5分だけ筋トレをしていた筋トレ初心者時代からプロテインを飲用。
大会に向けて追い込むガチ勢ではなく、引き締まった体を目指し筋トレを実施。
筋トレ初心者が抱える悩みや状況に寄り添ってわかりやすい説明をします。

 

プロテインの選び方を知りたいという人はこちらの記事もご覧ください!

筋トレ初心者はどうやってプロテインを選べばいい?プロテインの種類と5つの判断基準

筋トレ初心者はどうやってプロテインを選べばいい?プロテインの種類と5つの判断基準

ソイプロテインとは


ソイプロテインとは、大豆を原料にした植物性プロテインのことです。

大豆に含まれている油脂などを取り除き、残ったタンパク質が粉末状に加工されます。

植物由来の「大豆タンパク質」がたくさん含まれたプロテインということですね。

プロテインなのでタンパク質が摂れることはもちろん、食物繊維も含まれているメリットがあります。

ソイプロテインは避けるべき?筋トレ初心者のソイプロテインの活用法

ソイプロテインは避けるべき?筋トレ初心者のソイプロテインの活用法

味は?

ソイプロテインだからといって、味が劣るということはまったくありません。

違いというとソイプロテインはやはり大豆から作られているため、豆乳のような大豆の風味がするということ。

豆乳が苦手という人は抵抗があるかもしれませんが、僕は豆乳が好きなので、飲みやすかったです。

体の変化は?


実際、大豆プロテインを飲んでみた後の体の変化についてもお伝えします。

肌が綺麗になった

肌荒れを気にしてソイプロテインに切り替えたのですが、肌荒れは改善しました。

もちろん、スキンケアも多少変えてみたりしたのでその効果がでたのか、睡眠改善やストレス解消などの影響もあるのかもしれません。

ですが、ホエイプロテインが合わないと肌に影響が出るという調べもあるので、ホエイプロテインを飲んでから肌荒れが気になってきたという人はソイプロテインに切り替えてもいいと思います。

腸内環境が改善した

ソイプロテインは食物繊維を含んでいるため、腸内環境をよくしてくれる効果も期待できます。

僕は、普段から食物繊維を多くしたり、キムチや納豆、ヨーグルトを取り入れた食生活をしていることから、腸内環境は良いはずなのですが、1日2回ホエイプロテインを飲むとどうしても腸内環境が悪くなってしまっていました。

ですが、すべてホエイプロテインではなく、ソイプロテインも取り入れた生活に切り替えたところ、腸内環境も良くなり、便通が改善しました。

筋肉に影響は?

ソイプロテインを飲むようにしたことで、筋肉に栄養が届かないのでは?と危惧していたのですが、そんなことはありませんでした。

そもそも、植物由来のタンパク質とはいえ、アミノ酸の量はホエイプロテインと遜色ありません。

大会に出るようなレベルで筋肉を鍛えたいというのであれば少し物足りないのかもしれませんが、引き締まった健康的な体を作りたいという人であれば、ソイプロテインでも問題ありません。

肉や魚、卵といった食事からタンパク質を摂りつつ、プロテインは植物由来で補いましょう。

ただし、大豆イソフラボンは女性ホルモンに近い働きを持つため、あまり飲み過ぎてしまうと、生理不順を招いてしまったり、筋肉がつきにくくなる恐れもあるといわれています。

そのため、1日に何杯も飲むのであればソイプロテインとホエイプロテインを使い分けた方がいいです。

筋トレ初心者でもプロテインを飲むべき5つのメリット!

筋トレ初心者でもプロテインを飲むべき5つのメリット!

3種類のホエイプロテインはどれを選ぶべき?自分にあったプロテインの選び方

3種類のホエイプロテインはどれを選ぶべき?自分にあったプロテインの選び方

ソイプロテインは飲むタイミングを工夫した


「ソイプロテインを飲んでも筋肉への影響が足らないなんてことはない。」とお伝えしましたが、飲むタイミングだけ工夫しました。

ソイプロテインは、ホエイプロテインに比べて吸収に時間がかかる性質があるためです。

そのため、起床時や筋トレ後など、すぐに栄養を補給したいタイミングであれば、やはり吸収スピードが速いホエイプロテインを選択。

それ以外の、早く吸収させる必要がない間食タイミングではソイプロテインを選択しました。

また、筋トレ前のタンパク質補給でもソイプロテインを選んで問題ありません。

その場合、ホエイプロテインと同じように筋トレ1時間前に飲むと吸収が間に合わないので、筋トレ開始2時間前には飲むようにしていました。

プロテインはいつ飲むのがいいの?筋トレ初心者におすすめなプロテインを飲むタイミング

プロテインは夜飲むべき?寝る前にプロテインを飲むメリットと注意点!

プロテインは朝飲んだ方がいい?朝にプロテインを飲むメリットとおすすめな人の特徴!

プロテインは朝飲んだ方がいい?朝にプロテインを飲むメリットとおすすめな人の特徴!

プロテインは夜飲むべき?寝る前にプロテインを飲むメリットと注意点!

プロテインは夜飲むべき?寝る前にプロテインを飲むメリットと注意点!

ソイプロテインも選択肢としてはあり!


ソイプロテインを飲んだ感想についてお伝えしました。

味や成分ではソイプロテインがホエイプロテインに劣るということはありません。

大会に出るとかではなく、筋トレをして引き締まった体を手に入れたいというレベルの人であれば、ソイプロテインを選択するのはアリだと思います。

だって、カッコ良くなりたいと思って筋トレをしているのに、無理にホエイプロテインを飲んで肌荒れがひどいんじゃ本末転倒じゃないですか。

もちろん、ホエイプロテインでもWPCではくWPIのものを選ぶなど対策のしようがありますが、ソイプロテインを検討しても良いと思います。

うまく使い分けてみてください。

https://www.morinaga.co.jp/protein/columns/detail/?id=197&category=health

https://cp.glico.jp/powerpro/protein-knowledge/entry59/