ズボラな僕でも簡単にできた!毎日5分の掃除できれいな家を保つ方法!

シンプルライフ

こんな悩みを解決します!

いつも掃除が大変…
部屋が汚くて困っている
部屋が綺麗な状態を保ちたい

綺麗な部屋でおしゃれな暮らしをすることに憧れるけど、現実は部屋が汚くて…なんて人もいるんじゃないでしょうか?

掃除って面倒ですし、頑張って掃除をしてもすぐに散らかって嫌になりませんか。

今日は簡単に部屋を綺麗な状態にする方法についてお伝えします。

【この記事の内容】

  • 毎日5分の掃除が有効
  • 簡単にできる毎日5分掃除のやり方
  • 掃除を成功させるためのポイント

■毎日5分の掃除が有効

結論からいうと、部屋をきれいな状態にするのであれば1日5分でいいので掃除をしよう!ということになります。

「いや、毎日掃除をしても汚いんだよ!」「そんなことができたら苦労しないよ!」と思う人もいるかもしれません。

ですが、1日5分の掃除ができない、もしくは、掃除をしても綺麗にならないという人の多くは、掃除の仕方が誤っていることがほとんど。

1日5分の掃除のやり方については次の章で説明するので、まずは1日5分の掃除がなぜ有効かということについてみていきましょう。

◎掃除が嫌いな人がやりがちな1週間に1回まとめて掃除

掃除は嫌いでできるだけやりたくないから、週末にまとめてやるようにしている。という人もいると思いますが、それは逆効果。

週末にまとめてやることによってさらに掃除が嫌いになる負のスパイラルに陥ってしまっています。

想像してください。1週間に1回掃除をしようとすることを。

部屋には1週間分の汚れやゴミ、埃が溜まっている状態。綺麗にするのも一苦労です。

もちろん、部屋以外にもトイレだったり洗面台だったりと掃除する場所は他にも。

ぜんぶ掃除をすると1時間くらいかかるんじゃないでしょうか。

嫌いなことに1時間もかけられますか?

貴重な週末ですよね?

「今日はいいか」と思ってしまうとさらに汚れが溜まり掃除がしづらい状態に。こうして悪循環に陥ってしまうのです。

◎1日5分の掃除なら楽ちん

その点、1日5分の掃除ならどうでしょうか?

1時間は嫌になっても5分であれば好きな音楽1曲聴いている間に終わります。

もちろん5分の掃除で家中を綺麗にすることはできませんが、毎日5分でも掃除をしていれば1週間かけて部屋全体を綺麗にすることが可能です。

◎毎日掃除をするので汚れがたまらない

楽なだけではなく、毎日掃除をすることで、汚れが溜まりにくくなることも魅力の一つ。

1週間に1回でもちゃんと掃除ができているのであれば、そんなに家の中って汚くはなりません。

ですが、掃除がめんどくさくなったり予定が入って1週間に1回の掃除もできなくなると途端に汚れが溜まりだすのです。

毎日5分掃除をすることにしておけば、1週間に1回の掃除もできないなんてリスクは発生しません。

5分くらいなら時間は捻出できますし、どうしてもできない日があっても翌日ちょっと多くやればいいだけだからです。

汚れが溜まりにくい家になります。

■毎日5分掃除のやり方

「でも毎日5分の掃除をしようとしてもうまくいかないよ」という人は掃除のやり方が間違っている可能性があります。

この章では毎日5分の掃除で家の中を綺麗に保つ方法についてお伝えします。

◎最初に断捨離をおこなう

掃除がしやすい状態を作るためにも、一度断捨離をおこないましょう。

家の中がごちゃごちゃしている大きな原因は掃除ができていないからではなくて、モノが許容量を超えて溢れているからなんです。

モノの許容量が溢れている状態で片付けをしようとしても間違いなくうまくいきません。

だって片付けようにも収納する場所がないんですから。

無理矢理詰めるとみてるだけで窮屈な感じになりますし、取り出したらすぐに散らかります。

そこで、おこなうべきは最初に断捨離をすること。

断捨離をしてモノの数を減らした上で、掃除をするようにしましょう。

【関連!おすすめ記事!】
断捨離を成功させる!ゴミ袋50袋分手放したモノを手放す順番!
簡単で失敗しないモノの手放し方。シンプリスト、ミニマリストを挫折なく目指せる!

◎こまめな掃除で家をきれいに

断捨離をしてモノの数を減らしたことで掃除がしやすい空間ができました。

この状態で毎日掃除をすれば、家の中をきれいにすることが可能になります。

というのも、掃除に時間がかかる最大の原因は汚れが溜まってしまうことだから。

汚れがこびりついてとりにくいとゴシゴシ擦らないといけななくなって時間も労力もかかります。

ですが、毎日掃除をしておけば汚れがあっても簡単に落ちます。

汚れや埃が固まっていない状態だからです。

できるだけこの段階で汚れを落とすようにしておけば、簡単にきれいな状態を保つことができるんです。

◎1日5分の掃除でできること

「たった5分でなにができるの?」と思う人もいるかもしれませんが、5分あればできることってたくさんあります。

【5分間でできる掃除】
・テーブルの上を水拭きする
・家具のホコリを拭く
・フローリングのほこりをフローリングモップでふき取る
・カーペットに掃除機をかける
・ベッドにコロコロをする
・トイレを掃除する
・便座を拭く
・トイレの床を拭く
・水滴のついた洗面台を拭く
・蛇口のくもりを磨く
・ガスコンロの上をさっと拭く
・鏡の汚れをふき取る。etc

どれもこれもぱぱっとやれば1〜2分で終わりますよね。

これを組み合わせれば5分で各場所がきれいになります。

たとえば、家具の埃をクイックルハンディでささっと落とし、テーブルには水拭きをする。これだけなら2〜3分くらいで終わりそうじゃないですか?

それに合わせて、クイックルワイパーで床の埃をとればリビングの掃除は完成です。

トイレ掃除も同じ。

便器の中を擦るのも、便座を拭くのも、トイレの床を拭くのも、どれも一つ一つは1〜2分で終わります。組み合わせれば5分くらいでトイレ掃除が可能なのです。

しかも、今回【1日5分の掃除でできること】であげた場所は、意外に目につきやすいところばかり。 ここに汚れが溜まっていなければ「いつもきれい」な印象になります。

◎5分掃除はスケジュールを組んでおこなう!

一つひとつは短いとはいえ、全部やろうとすると大変。というか、普通に毎週末掃除をするのと変わりません。

大切なのは掃除を場所ごとにスケジュールにして分散させることです。

ゴミ捨てって「月曜日は燃えるゴミ」「水曜日は資源ゴミ」って1週間で予定が決まっていますよね。あれと同じです。

1週間でスケジュールを立てて掃除をすることにより、

・掃除をする習慣が身につく
・掃除をする時間が短くなる
・いつでも家がきれいな状態になる

という魅力があります。

ちなみに、我が家の掃除スケジュールはこちら

・月曜日:トイレ掃除
・火曜日:リビング掃除
・水曜日:洗面台掃除
・木曜日:仕事部屋掃除
・金曜日・リビング掃除
・土曜日:ベッドルーム掃除
・日曜日:好きなところ

リビングは使用頻度が高いので週2回掃除をするようにしています。

台所は僕がよく使うので1日の終わりにさっと掃除をするように。

油汚れもすぐに拭けば簡単に落ちます。

◎自分がやりやすいように習慣づけることが大切

このスケジュールを見ると「トイレ掃除週1回でいいの?」とか、「リビングは毎日やらないとすぐに汚れちゃうよ!」と思う人もいるかもしれません。

毎日できるのであれば毎日掃除をした方がいいと思います。

ですが、忙しいのであれば毎日全部掃除をするのではなくて、毎日一部を掃除するだけでいいと思っています。

必ず週に1回は掃除をされている状態になるので汚れが落ちやすくなるから。

なにより、毎日掃除をするという習慣が身につくことにより掃除に対する苦手意識がなくなります。

僕の場合、「今日は時間があるからついでに別の場所も掃除しようかな?」なんて二箇所掃除をするようにもなりました。

できる範囲で掃除をして習慣にしていくことが大切です。

■毎日5分掃除のポイント

簡単にできる1日5分間の掃除ですが、おこなう上で大切にしたいポイントがあります。

この章では1日5分の掃除をする上でのポイントをお伝えします。

◎完璧を求めすぎない

「きれいにしよう」と頑張るのは素晴らしいことなのですが、完璧を求めすぎるのはNG。

時間が足りなくなってしまいますし、掃除が嫌になってしまいかねないからです。

どうしてもこびりついた汚れをとりたいのであれば、5分掃除の時間ではなくて、そのための予定を作りましょう。

5分掃除はあくまでも日々の汚れを溜まりにくくしきれいな状態を保つものです。

◎ガチガチに決めない

完璧を求めすぎないのと同様に、ガチガチに決めないことも大切です。

「寝坊した」「仕事が忙しくて朝早く出ることになった」「子供がグズって掃除する時間がなかった」など、スケジュール通りに進まないことは多々あります。

そういう時に「今日は絶対◯◯の掃除をしないといけない」と思ってしまうとしんどくなります。

「今日できなかったからもうダメだ」と挫折する原因にもなりかねません。

「朝に掃除はできなかったけど、夕方ればいいや」「トイレやるつもりだったけど洗面台をサクッとやっちゃおう」とスケジュールは変えてしまってOK。

ガチガチに決めすぎないようにしましょう。

◎片付けはすぐやる

掃除は1日5分毎日コツコツですが、片付けは常におこなうようにしましょう。

掃除と一緒に片付けをやろうとすると大変だからです。

例えば、リビングを掃除しようとする際、床に脱ぎ散らかした服や、使った鞄が転がっていたらクイックルワイパーをかける前に片付けをしないといけません。

同様に、テーブルの上に使ったコップや書類、漫画となんでもおいていたとしたら拭き掃除をする前に片付けが必要となります。

正直面倒くさくなって、掃除が嫌になってしまいます。

使ったモノは決まった場所にすぐにしまう。これを徹底しておけば、掃除もしやすい状態に。

一度断捨離をしているので、片付けもしやすくなっています。

使ったモノは決まっている場所にすぐにしまうようにしましょう。

◎掃除道具は使う場所に

掃除をしやすくするためには、環境づくりが必要不可欠。

掃除道具は使いやすさを考えて配置しましょう。

例えば、リビングで使いたい掃除機の収納場所をスペースがあるからといって玄関にしていたらどうでしょうか?

いちいち掃除機を持ってくるのがめんどくさくなって掃除が億劫になります。

掃除道具は用途に合わせて使う場所が決まっているものがほとんど。

リビングで使うのであればリビングで手が届くようにしておくべきです。

すぐに使えるように配置をしましょう。

◎頼れるものにはなんでも頼る

掃除をする際に「自分が頑張ってきれいにしないと」と思ってませんか?

自分が頑張ることももちろん大切ですが、全部を自分でやる必要はありません。

頼れるものはなんでも頼りましょう。

ルンバなどのお掃除ロボットを利用するのはその代表的な例。ロボットに任せてしまえば掃除も楽ちんです。

もちろん、頼るのはロボットに限りません。

パートナーに「ここの掃除をやっておいて!」と依頼をしてしまうのも一つの手段。

他にもトイレ掃除が楽になるように「スタンピー」を利用しておくとか、排水溝の筋がしやすいように事前にネットをかけておくとか、自分が楽になる道具を頼るのも大切です。

■習慣化で家をきれいに

今回は1日5分間の掃除についてお伝えしました。

1日5分の掃除の最大の魅力は掃除が習慣化されるということ。

習慣化することによって掃除が格段に楽になるんです。

筋トレをイメージしてもらうとわかりやすいですよね。

筋トレ初心者がいきなり1週間に1回ジムに通って2時間全身鍛えようとするとしんどいはず。

トレーニングが億劫になって徐々にジムから足が遠のきます。

ですが、毎日メニューを変えて10分のトレーニング続けるのであればどうでしょうか?

「10分なら…」と続けられそうですよね。続けていくうちに筋トレにも慣れて体つきも変わってきます。

掃除も同じです。

全部一度にやろうとするのではなくメニューを変えてコツコツとおこなうことで成果が出ます。

目指すのは一瞬だけきれいで翌週には散らかった家ではなくて、常に居心地がいいレベルできれいな家。

毎日コツコツ掃除を習慣にしていきましょう。

【関連!おすすめ記事!】
大掃除をするなら秋がおすすめ!年末が楽になる秋掃除!
衣替えの季節に!ミニマリストがおすすめする服の断捨離法!
簡単に本の断捨離を成功させる!本を捨てられない理由と正しい捨て方!

参考:ゆる家事マスターになろう! 掃除編 毎日5分でピカピカに!お掃除スケジュール&5分掃除のすすめ